3月, 2015年

イオン銀行損害賠償事件和解で終結

2015-03-22

去る3月10日、イオン銀行に対して組合員が起こしていた労災に基づく損害賠償の労働審判事件は和解で終結しました。守秘義務がついていますので、内容については公表は控えさえていただきますが、組合員も納得のいく内容であったため和解で終了することになりました。

組合員が問題にしていたイオン銀行における非正規労働者の取扱い、具体的には病気やけがなどによる休職期間一か月で自動退職という規則や障害者枠で雇用した労働者に対する取り扱いなど、いろいろ問題はありますが、これは訴訟の中で扱えるものではなく、普遍的に労働運動の中で今後も問題になると思われます。組合員個人の損害賠償事件としては終了しましたが、このような問題については取り組みは終わりません。

アクアグループ(株)(埼玉県熊谷)に労評分会結成

2015-03-05

地方都市には運転代行の車が目につきます。車がなければ通勤や買い物にも不便な地方都市では、運転代行業の会社も結構あり、夜8時を過ぎると代行の車が走り出します。この度、埼玉県熊谷市で運転代行を営むアクアグループの一部門、アクア代行部というところで働いている労働者が労評に複数名加盟して、分会として名乗りを上げました。

この会社は運転代行業だけでなくいろいろな事業を行っていますが、労務政策上は違法、脱法行為のオンパレードです。

①雇用契約なのに業務委託契約として偽装しています。運転代行業務というのは2種免許を持っている労働者がお客の代わりに運転して家までお客を送り届け、その車の後を普通免許の労働者がついて行って、2種免許の労働者を載せて帰るように、二人一組で仕事をします。仕事はセンターと呼ばれる担当の労働者が指示して各自に回します。もちろん出勤時間も終業時間も指定され、会社の指揮命令で業務を行っていますので、業務委託などではありません。

②最低賃金を割る支払いをしていて、未払い賃金があります。18時30分から翌日の午前3時位まで仕事をしていて、支払われる賃金は歩合給を取っているため4千円~6千円で埼玉の最低賃金を割っています。

③賃金から勝手にいろいろな名目で経費を天引きしています。これも労基法24条違反です。協力費とか保険料とかの名目で何の同意書も作成せずに天引きしています。おまけにガソリン代なども天引きしています。協力費が何なのか、保険料もどういう種類の保険かわかりません。

④雇用保険も加入していません。ある組合員は出勤時に工事中だった会社の前でパイプに足を取られて転倒し、上腕骨を骨折してしまいました。全治三か月です。社長に労災を申請してほしいと言ったら、「業務委託だから労災保険に入っていない。面倒見れないから生活保護を受けろ」と言いました。

⑤交通事故などを起こすと罰金を取ります。車を運転する仕事ですから交通事故は起きることがあります。すると、社長は車両の修理代などを労働者に支払わせます。ひと月に2万~3万も天引きします。せいぜい13万~15万程度の賃金から差し引くのですからその負担は極めて大きいものがあります。

このように、労働者の権利を無視して、やりたい放題の会社です。3月9日に団体交渉を行いますが、法令の順守から出発して是正を図りたいと思います。

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194