7月, 2016年

労評グローバル分会(千葉)公然化する

2016-07-27

グローバル社岩瀬工場

クリーニング業界にまた新しい分会が誕生

7月5日のロイヤルネットワーク茨城分会に引き続いて、7月26日に千葉県松戸市に本社があるグローバル社の労働者が労評分会を結成して、公然化しました。この会社はローヤル21という店舗を展開しているローヤルグループに所属する会社で、千葉県松戸や柏に4つの工場を持ち正社員40名とパート労働者70名ほどの会社です。

クリーニング業界は労働基準法を守らない会社が多く、グローバル社も社員には就業規則も開示せず、タイムカードもなく、残業をしても残業代の支払いもしてきませんでした。夏場は暑くて耐えられない環境であり改善を求めても、会社はまともな改善策を取ろうとしませんでした。パート労働者は耐えがたくなってやめる人が出ても、新しい人がなかなか入らないので、ますます労働者に負担が増えてきました。

まともな会社にしたいとの要求の下で労働者は正社員とパートが団結して組合を結成して会社に団体交渉の申入れを行いました。公然化当日、労評は顧問弁護士である指宿弁護士にも帯同してもらい、結成通知を手渡して、トラブルが生じないようにしようと思っていましたが、社長は出社してこず、統括マネージャーに説明して組合の申入れを行いました。これから団体交渉を行い、一歩一歩改善の闘いに入っていきます。グローバル分会の要求内容を当日配布したビラから抜粋します。

1.灼熱地獄を何とかして 

岩瀬工場は道路に面した西南側 が全面ガラス張りなので、真夏は50度近くなる室内で西日 を受けながら仕事をしています。何年も前からマネージャーにカーテンの取り付けを要求してきましたが「見栄えが悪くなるから。」「人から見られていないと手を抜くから。」という理由で却下され続けてきました。環境が悪すぎてパートは「体がもたない」とどんどんやめていきます。機械の排熱ダクトを延長して外に出してほしいとマネージャーに訴えても 聞く耳を持とうとしません。毎年何人ものパートが仕事中に倒れます。この先いつ人が死んでもおかしくありません。

2.過重な仕事量の調整と人手不足の解消を

環境が悪くてどんどん人がやめるため、現在パート定員30人の工場を20名で何とか回している状態です。マネージャーに相談しても「求人をかけろ」「もっと頑張れ」というだけで対処をしようとしません。 何万枚も求人チラシを出しても環境と条件が悪いため人は入ってきません。「総額103万円以下 」という条件で雇用したパートには扶養範囲内 で働かせるべきです。毎年年末が近づくと何とかパートの人員不足から工場が止まる事態を避けようと社員が必死になっていますが、そろそろ限界です。

3.食事や休憩はちゃんと取らせて

法律では8 時間以上働く場合は、途中で1時間の休憩を取らせることが決まっています。しかし岩瀬工場では、ただでさえ仕事量が多くて仕事が終わらない上、パートの人手不足を補うため、社員はまともに休憩を取ることができません。会社の規定では1時間30分の休憩が取れることになっていますが、繁忙期は13時間働いても休憩が15分程度です。ご飯を食べる時間が取れないのでジュースで済ませる時もあります。私たちは機械ではなく、人間です。集中して良い仕事をするためには食事や休憩は必要です。

4.働いた分の給料はちゃんと払って

正社員の残業は許可制ですが、仕事量が多くて本社のマネージャーに残業を申請しても「売上げが低いから」などという理由で許可が下りず、サービス残業をせざるを得ません。平均1~2時間、繁忙期には4~5時間サービス残業を強いられています。やってもやっても仕事が終わらず、やった分の給料もちゃんと出ない。これでは働き甲斐もないし、新しい人が入ってもすぐにやめてしまいます。

 

 

介護労働者への訴え 

2016-07-21

介護の仕事をしているみなさん!

介護職場の改善に向けて、私たちに相談してみませんか? 職場で仲間をつくって協力しあえれば、労働条件は改善できます! 困っていること、おかしいと感じていること、ぜひお話を聞かせてください。

<主要な問題>施設における夜勤1人体制(ワンオペ)は 危険で重労働!

 夜勤に複数職員がいても、実際は1人で20~30名の利用者さんの介護をするなど、夜勤の1人体制(ワンオペ)問題を耳にしま す。こういった状況では、災害など万が一の事態が起こったとき、適 切に対処が出来るのか、不安を感じるのではないでしょうか。 人の命に関わる重大な問題です。1人で夜勤の仕事をすることは、 肉体的、精神的にきついことであるのに、休憩が十分にとれないことや手当が少ないことも大きな問題だと思います。

<原因>介護業界の人手不足の原因は、 低賃金・長時間労働にあります!

介護の仕事は、給料が安く、労働時間が長いことが多いと思います。このことから、常に人手が不足し、夜勤に1人体制で仕事をし なければならない状態になってしまいます。また、低賃金であることは、そもそも介護報酬が低いことも原因の一つだと思います。

<解決の方向>夜勤を2人体制にすること(ワンオペ廃止)、 低賃金・長時間労働の改善を求めよう!

介護の仕事をしている人は、自分を犠牲にして我慢して働いている人が多いと思います。しかし、我慢して働き続けることは、利用 者さんに影響が及んでしまうのではないでしょうか。例えば、利用 者さんに対する暴力、身体拘束の問題がそうだと思います。これら の問題は、行政や経営者に原因があると思います。でも、行政や経営者に異議申立をしてこなかった現場の労働者にも責任はあるのではないでしょうか?利用者さんのために、より良い介護を目指し、できるところから、共に行動しませんか?

介護士の賃金はこんなに安い!

厚労省は、各職種の賃金実態に関する「賃金構造基本統計調査」を毎年実施。129職種 を対象に勤続年数などに応じた賃金を公表しています。2016年2月発表の2015年調査に基づいて順位を付けると、介護士の平均月収(残業 代などを含む)は22万3500円で、調査対象の129職種中、117位であり、全職種の 平均(33万3300円)との差は10万9800円でした。

全職種 月収 平均33万3300円

介護士 月収 平均22万3500円(順位は129職種中の117位)(全職種との差は-10万9800円)

※2015年賃金構造基本統計調査

 

日本労働評議会では、介護労働に関する行政の問題(2025年問題に対する政策など)や 介護職場における具体的な問題についての勉強会を1年間行いました。参加者が互いに学び 合うなかで、職場は違っても、起こっている問題はどこも同じなのだと感じることができました。そして、この介護労働相談の活動に取り組むことにしました。

<参加者の声>

『私は元介護施設職員ですが、人手不足などが原因で、現場で疲弊していく職員をたくさん見 てきました。勉強会を通じて、これは私が働いていた施設だけの問題ではなく、介護業界全 体の問題なのだと改めて実感しました。』

 

相談窓口(相談はこちらにお問い合わせください。)

電話  090-6508-2098

メール rouhyoukaigo@yahoo.co.jp

相談時間帯 AM10:00~PM5:00

(月曜から金曜まで。ただし祝日を除く。)

 

主催団体 日本労働評議会(労評)

住所 〒169-0075東京都新宿区高田馬場3-13-3-404

電話  03-3371-0589

FAX 03-6908-9194

HP  https://www.rouhyo.org/

※日本労働評議会(略称「労評」といいます。)は、1人でも入れる合同労組です。正社員、パート、アルバイトを問わず、どなたでも加入できます。

労働相談日のお知らせ 7月20日から水曜、金曜(18時~21時)

2016-07-18

毎週水曜日と金曜日、18時~21時

労評の労働相談は日々受け付けていますが、この度、労働相談日を設けて確実に相談を受けられる体制を作りました。週に2回(水曜日と金曜日)、仕事が終わってから相談できるように、午後6時から9時までの時間帯で相談を受け付けます。もちろん相談は無料で秘密は厳守しますので安心して相談して下さい。

相談内容は労働問題全般に渡って受け付けますので、どんな問題でも結構です。解雇、退職強要、不当な雇止め、不当な配転命令、一方的な賃金カット、残業代未払い、パワハラ・セクハラ、労働災害、ひどい労働環境等々、皆さんが抱えている悩みを相談して下さい。

労評の役員と組合員が相談に応じますが、まずは正確に相談内容を受け止めて、適切な対応をしますので、電話に出た担当者に詳しく相談内容を説明して下さい。その場でアドバイスを受けたい方、組合に加入して会社と交渉したい方、いろいろなケースがありますが、労評は誠実に相談に対応するために、基本的に相談を受けた内容を組織的に検討します。そして、後ほど担当役員から連絡させていただきます。したがって、相談された方の連絡先やお名前などをお聞きしますが、個人情報は守秘しますのでご安心下さい。なお、匿名でアドバイスなどを受けたい方はその場で回答できる範囲でお答えします。

7月20日から毎週水曜、金曜の午後6時から9時まで受け付けますので、労働相談日を活用下さい。

電話番号 03-3371-0589 

ロイヤルネットワーク茨城分会続報

2016-07-12

会社は一か月後に本社(山形県酒田市)と回答

現在、団体交渉の申入れをして、そのやり取りをしています。会社は一か月後に本社のある酒田市でやると言ってきています。組合からは速やかに茨城ブロック圏内で開催することを要求し、交渉しています。すでに組合からは第1回目の団体交渉は組合から要求の説明をするので会社が準備することは必要ないので、7月中旬までに開催することを要求しています。要するに役員のスケジュールを調整して出席してもららえば良いと説明していますが、それでも会社は一か月先に延ばしています。

また、企業規模が大きい場合、地方の支社などで合同労組に加入して会社に団体交渉を申入れた場合、往々にして開催場所をめぐって対立することがあります。茨城の組合員が山形県の酒田市に移動して団体交渉をする経済的、時間的負担を考えれば、会社に対応力があるのは誰のみから見ても明らかであり、到底認められるものではありません。組合は早期に茨城圏内で開催を求めて交渉します。

組合への期待の声が高まる

労評ロイヤル分会が結成されてから、労働者からは日増しに組合への期待の声が高まっています。年収を配偶者控除上限で働く契約をしているパート労働者もたくさんいますが、人手不足でかなりオーバーワークなので10月頃には上限を突破するので、それ以降休まなければならない状況にあります。これから人手不足になると、他の社員や年収制限のないパートに負担がかかります。今のロイヤル社の経営方針では売上が目標に達しないとみると、突然割引セールを入れたり、メールで集客作業をやらされたり、労働者に負担を強いることばかりさせるので、人手不足が解決しないということに多くの労働者が不満を持っています。時給も何年働いても上がらないし、勤務態度を一面的に批判されたりするし、こういう労働環境を何とかして欲しいという声が徐々に上がってきています。

労評ロイヤル茨城分会はこれらの切実な労働者の声を反映させて、一歩づつ労働条件と労働環境の改善に向けて活動をしていきます。茨城圏内の労働者に限らず全国のうさちゃんクリーニングで働く皆さんが組合に加盟することを呼びかけます。

ロイヤルネットワーク(うさちゃんクリーニング)茨城分会結成

2016-07-12

7月5日 組合を公然化して活動を開始

7月5日、ロイヤルネットワーク社(うさちゃんクリーニングの店舗展開をしている東日本全域に工場と店舗を有する業界でも大手のクリーニング会社)の茨城分会を結成し、茨城ブロック長を通して、組合の結成通知、団体交渉の申入れをしました。まずは組合のビラから一部を転載します。

労働組合ができました。名前は日本労働評議会ロイヤルネットワーク茨城分会(略称 労評ロイヤル茨城分会)です。私たちは3年前から福島の元従業員の残業代等の支払いを求めて交渉し、サービス残業を止めさせ、互助会費を廃止させてきた労働組合です。本日、会社に組合の結成通知を行い、団体交渉を申入れました。

 この度、結成された労評ロイヤル茨城分会は竜ケ崎工場と店舗を中心に、茨城県ブロックでまずは労働組合活動を開始します。皆さん、労働組合に加入しましょう。不満があっても何も言えず黙って働くか、嫌になって辞めるか、そんな選択しかできなかったうさちゃんクリーニングの歴史を終わらせましょう。これからは堂々とものを言いましょう。問題があったら会社と団体交渉をして解決しましょう。

本日会社に申し入れた要求内容を紹介します。

1.何年働いても昇給がないのは非常識、ちゃんと昇給して

他のクリーニング会社でも昇給しています。スーパーのパートも昇給します。うさちゃんは何年働いても昇給しません。給与規定というのがあるそうですが、誰も見たことがありません。パートにチャレンジシートを書かせるくせにマネージャーからは何も評価がされませんし、昇給もしません。それで人手不足だと言います。昇給もない会社に人は定着しません。昇給制度を作らせます。

2.休憩時間はちゃんと取らせて

6時間以上働く場合は、途中で45分以上の休憩を取らせることが法律で決まっています。でも、うさちゃんでは、通しで働いてもワンオペの店舗は休憩が取れません。長い人は12~13時間連続で働いていて、10分くらいしか休めません。法律を守って休憩時間を取るようにさせます。

3.パワハラは止めて。覆面調査や加工製品獲得率の公表は中止に

覆面調査を外部機関に依頼し、店舗や個人名を出して接客態度が悪いなどの公表をすることや、加工製品獲得率を最下位まで個人名を出して競争心を煽ることもパワハラです。こういう個人攻撃のやり方は止めさせたいと思います。

4.夜中まで働きたくない

繁忙期には工場によっては女性が夜中まで仕事させられたり、長時間労働を強いられています。また、店舗でも通しで働く場合は朝9時から夜の10時過ぎまで働きます。他のクリーニング会社で女性を夜中まで働かせることはありません。

5.工場長不在が一年続く異常さ

竜ケ崎工場では工場長が一年も不在で、他に社員もいません。パートだけの工場なんてロイヤルネットワーク社だけではないでしょうか。トラブルが起きても責任を持った対応ができません。

 

 

トールエクスプレスジャパン賃金規則の問題点

2016-07-07

~残業代を実質的に支払わない賃金規則は違法~

 

労評弁護団・トール残業代請求訴訟弁護団 弁護士 指宿 昭一

 

トールエクスプレスジャパン(以下、「トール」といいます。)の賃金規則の問題点は2つあります。

1つは、通常の賃金(能率給以外の賃金)に対する割増賃金が支払われていないことです。もう1つは、能率給に対する割増賃金の1部が支払われていないことです。

 

1 トールの賃金の支給項目

トールの賃金の支給項目としては、職務給、能率手当、時間外手当A、時間外手当B、時間外手当C、勤続年数手当、通勤別居手当、独身手当、配偶者手当、扶養手当等があります。ここでは、勤続年数手当、通勤別居手当、独身手当、配偶者手当、扶養手当等のことをその他の手当と呼ぶことにしましょう。

そうすると、

賃金総額=職務給+能率手当+時間外手当A+時間外手当B+時間外手当C+その他の手当

ということになります。

現業職の場合の職務給は、路線職と集配職は13万円、作業職は15万円、整備職は12万8000円です。

能率手当は、走行距離、積卸重量、立寄支店数等に基づいて計算した「賃金対象額」という数字から時間外手当Aを差し引いて計算します。すなわち、

能率手当=賃金対象額―時間外手当A

となります。

時間外手当Aは、通常の賃金の時間外賃金、深夜賃金、休日賃金の合計です。

時間外手当Bは、能率手当の時間外賃金、深夜賃金、休日賃金の合計です。

時間外手当Cは、残業が月60時間を超えた場合、法定の割増賃金が5割に増加するのでその時間外賃金の増加分です。

 

2 通常の賃金(能率給以外の賃金)に対する割増賃金(時間外手当A)が支払われていないこと

トールでは、通常の賃金(能率給以外の賃金)に対する割増賃金を時間外手当Aといいます。時間外手当Aは、通常の賃金の時間外賃金、深夜賃金、休日賃金の合計です。

労働者の賃金明細を見ると、「時間外手当A」という欄があり、一定の金額が記入されています。つまり、一応、形式上は、時間外手当Aは支払われています。

しかし、能率手当の計算において時間外手当Aが差し引かれるので、時間外手当Aがいくらであっても、賃金総額は変わりません。つまり、賃金総額から見ると、時間外手当Aは払われていないのと同じことになります。実質的には、時間外手当Aは支払われていないのです。

これを数式で説明すると以下のようになります。

賃金総額=職務給+能率手当+時間外手当A+時間外手当B+時間外手当C+その他の手当

=職務給+(賃金対象額―時間外手当A)+時間外手当A+時間外手当B+時間外手当C+その他の手当

=職務給+賃金対象額+時間外手当B+時間外手当C+その他の手当

 

時間外手当Aは、一度、足されて、次に差し引かれますから、結局、賃金総額の計算においては、まったく関係のない数字ということになるわけです。

つまり、時間外手当A(通常の賃金(能率給以外の賃金)に対する割増賃金)は実質的に払われていないことになります。

労働基準法37条1項は、時間外・深夜・休日労働に対する割増賃金を必ず支払わなければならないとしていますから、トールの賃金規則はこの条文に反しています。形式上、時間外手当Aを支払っているので、この条文に直接違反していないとしても、この条文の趣旨に反し、公序良俗違反として無効になります。

形式上、残業代(割増賃金)を支払っている形を取りながら、実は、同じ金額を差し引いて、実質的に支払っていないという会社は、トラック、タクシーなどの交通・運輸業界ではよく行われていますが、労働基準法の趣旨に反する脱法行為であり、許されることではありません。東京の国際自動車(KMグループ)という大手タクシー会社では、乗務員の労働者たちが東京地裁に未払残業代を請求する訴訟を提起し、勝訴しました。会社は東京高裁に控訴しましたが、控訴審でも労働者勝訴の判決でした。会社は、最高裁に上告し、今、最高裁で審理がなされています。

国際自動車事件の判決では、残業代を形式上支払っても、実質的に支払っていない場合には、労働基準法37条1項の趣旨に反し、公序良俗違反なので、民法90条により無効となるとして、会社に対して、残業代と同じ金額の賃金の支払いが命じられました。

トールでも、この国際自動車事件判決と同じ論理により、会社は時間外手当Aの金額を労働者に支払わなければならないはずです。

 

3 能率給に対する割増賃金(時間外手当B)の1部が支払われていないこと

能率給=賃金対象額―時間外手当Aという計算式のうち、「―時間外手当A」という部分は、労働基準法37条1項の趣旨に反し、公序良俗違反なので、民法90条により無効になるはずです。

そうだとすると、時間外手当Bの計算も違ってきます。

時間外手当Bは、能率手当の時間外賃金、深夜賃金、休日賃金の合計です。能率手当の金額が「賃金対象額―時間外手当A」ではなく、「賃金対象額」となるのですから、それに対応して、時間外手当Bは増額します。

つまり、これまで会社が支払ってきた時間外手当Bは不足していることになり、能率給に対する割増賃金(時間外手当B)の1部が支払われていないことになります。

 

トール広島営業所の労働者は労評トール広島分会を結成し、2016年6月14日に、9名の原告が大阪地裁に未払賃金を請求する訴訟を提起しました。提訴は、関西テレビのニュースや毎日新聞、産経新聞等でも報道され、社会的に強い関心を呼んでいます。

全国のトールで働く労働者のみなさん。未払の時間外手当を取り戻しましょう。関心のある方は、労評(日本労働評議会)もしくは暁法律事務所に連絡をしてください。

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194