1月, 2020年

【労評アート労組】1月14日 相模原支店で第三回団体交渉が行われました!

2020-01-28

労評がアートに対して団体交渉で継続討議している内容は、

① リーダー手当の支給

② ドライバー手当の増額

③ 午後便手当の支給

です。

★前回の団交の報告はこちらから

 

アートでは生産職の基本給が低く、引越という重労働なのに神奈川県の最低賃金とほとんど変わりません。

例えば、神奈川県の正社員1年目の場合、計算すると時給は1,070円にしかなりません。

この低賃金を改善し、結婚して子供が生まれても生活できる賃金に改善することが要求の目的です。

 

これに対して会社の回答は、

「リーダー手当を含めた賃金であり、より頑張ってもらった労働者の為に昨年10月からの作業手当で対応している」

とのことでした。

更に、

「1500㎥の算定基準は、総物量1400㎥代で留まっている労働者の割合が高いから、頑張ればいけます」

と断言をしています。

 

果たしてこれは合理的と言えるのでしょうか?

 

昨年10月からの「作業手当」は、ごまかしだ!

アートは昨年10月から「作業手当」として1か月の総物量1500㎥以上をこなした労働者に作業手当をつけるようになりました。

しかし、1か月の総物量1500㎥以上というと、実際には3t以上のドライバーにしかほとんど恩恵がないことは、皆さんもよくご存知だと思います。

アートでは、どのお客様からも、人件費を一人あたり23,000円(午後便は30%引)取っているにもかかわらず、1500㎥というラインを越えるまで1便分しか人件費として生産職に支給しないということは、「お客様に嘘の説明」をして料金を取っていることになります。

会社は、この点を団交で追及されると「違法ではない」「人件費は支払っている」と回答しましたが、「顧客満足度なNo.1」を宣伝しながら、お客様への説明する料金の明細と実際に支払われる人件費とが異なる「お客様に嘘の説明」をして料金を取っていることは公にしていません。

これは違法か否かの問題ではなく、アートという会社が「誠実な仕事」をしていない証です。

労評はアートのような口先だけの誤魔化しは許しません!

お客様からとっている人件費は、しっかりと実際に仕事をしている生産職の人件費として還元すべきです。

 

相模原支店では、中型免許を取得しても中型車両に乗せてもらえない!

相模原支店の労評組合員は、2019年6月に中型免許を取得したにも関わらず、支店長の不当な差別により未だに運転練習すらさせてもらえません!

その間に、後から準中型免許を取得した非労評組合員の正社員が先に中型車両を運転しています。

明らかに労評組合員への組合差別であり、労働組合法第7条で禁止されている「不当労働行為」という違法な行為です。

この点、支店長の言い分は、

労評組合員は、「引越事故が多い」、「物販を販売していない」、「ドラレコの映像で危ない箇所がある」というので、

労評側から、「理由があるなら、それを解決する為に支店長自身が助手席に乗って運転の指導することは可能ではないんですか? 毎日常にそれが出来ない労務環境ではないですよね?」と質問しました。

この質問に対して、支店長は「出来ます」と回答しました。

つまり、可能な指導もせずに、一方的に労評組合員を押さえつけるだけの行為しかしていなかったのです。

そもそも、引越事故と物販販売は3トン車の運転と直接関係する問題ではありません。

また、「ドラレコの映像で危ない箇所がある」というのも、具体的な説明はなく、資料の提出もありませんでした。

このような資料・根拠を示さず口先だけで問題点を掲げても、支店長の組合員に対する不当労働行為と判断せざるを得ません。

 

「物販販売」に偏り、「引越業務」が評価されない現在の仕組みは変えるべきだ!

物販販売額が高い人が評価されること自体に反対はしません。

しかし、物販販売を行っている間も引越業務はずっと続いて行われています。

アートではそこは全く評価されず、物販を売った人だけが大きく取り上げられ、物販販売したものが偉いと取扱われる環境になっています。

ある支店では、引越作業がまともにできない新入が「物販を上げている」というだけで引越作業のベテランに対して、ため口を使ったり、小馬鹿した態度を取るなどの風潮があり、しかも管理職はそれを注意しないという労働環境の乱れがあります。

引越はチームワークが重要であり、アートマンの誓いの3番にも記載されています。

労評として、物販の還元金はチーム単位で支給すべきではないかと考えます。


労評アート労働組合は、アート引越センターで働く皆さんの声をまとめ、会社に労働環境の改善を求めます!!

誇りをもって長く働ける職場、頑張った人が報われる職場を目指します!!

職場での疑問、不満がありましたら、遠慮なく、ご連絡ください!!

〇相談・連絡先〇

電話:080-8010-9653(専用)

メール:art.rohyo@gmail.com

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194