東ゼン労組大会に参加

2014-04-23

4月19日、東京ゼネラルユニオン(略称 東ゼン労組)の第四回大会が開催され、労評も来賓として参加しました。

東ゼン労組は外国人により組織された労働組合です。この4年間に支部も二けたに増やし、多くの国籍の外国人労働者を組織し、組合員も毎年増えています。職業的には学校教師などが相対的に多いのですが、その待遇や扱いは劣悪なものです。ALT(小中学校に配置される外国人教師)などは特に低賃金で不安定な雇用であり、改善が必要です。

労評の事務所の近くに日本外国語専門学校という学校がありますが、東ゼン労組の支部があります。学校の講師の人たちが結成した支部です。この学校は組合を結成して以来、不当労働行為を繰り返し、団交をやってもだんまり作戦で答えず形式的にこなすだけで、門前で情宣活動をすると学校職員総出で妨害してきて、情宣活動が終わって駅まで引き上げても十人くらいの職員が尾行してくるなど嫌がらせをしています。労評は近くでもあり、情宣活動を手伝うなど応援しています。

東ゼン労組は外国人が自力で労働組合を作り、自らの権利を守る活動をしているという点でユニークであり、すばらしい面があります。労評は結成来の付き合いですが、今後とも連帯を強め、共同行動を取り組んでいきたいと思います。

 

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194