Posts Tagged ‘理髪店’

【労評QB分会】組合だより Vol.1

2021-03-16


 

本社への店舗返還と、それに伴う不当解雇を撤回しました!

労評QB分会では、古川マネージャーのもとで働くLIVINよこすか店の組合員4名の不当解雇の撤回と店舗運営継続のために、3回の団体交渉を経て店舗の運営と雇用の継続を勝ち取りました!
古川マネージャーの明らかな不当労働行為に対し、完膚なきまでに闘争しなければ勝ち取れなかった成果であると思います。
しかし、この問題は撤回しつつも、労働者の生活を脅かしたことについては一切謝罪をしていません。
労評QB分会は継続的に団体交渉を開き、謝罪要求をしながら、更なる労働環境の改善を目指します!

 

(関連記事:『【労評QB分会】第2回団体交渉報告「解雇撤回を勝ち取る!」』)

古川エリアにルールを設ける重要性

利益主義的に労働者をマシンのように働かせ、売上が悪い・フェイスシールドをしていない・店舗入口にQBのロゴを入れたお客様ご案内文を貼った等、古川マネージャーはまともに指導もせずにいきなり解雇通知をしてきたので、組合員は怒りを感じていました。
さらにフェイスシールドについては、眼鏡着用者の曇りが原因で作業に支障をきたすので、眼鏡が曇らないタイプのものを支給されてからはずっと着用しているのです。

古川マネージャーのもとで働く労働者は皆、明確なルールもないまま何年も何十年も働かされてきました。
労働条件はどうなっていたのか、どういう基準で賃金を決めていたのか、どういう査定基準で賃金を変更していたのか。不利益変更による労働者との協議もされていない等、古川資本の独裁的なやり方で何とでもなっていました。
それはルールがないからであり、やりたいようにやれてしまうのが原因です。
QBの労働環境は、労基法上では就業規則を設置する義務はありません(10人未満の事業所に該当)。
しかし、やりたいようにやっていた環境を変えるためには就業規則の制定は必須です!

労評QB分会は就業規則の制定に取り組みます!

ルールがないことについて問題提起していたところ、古川資本から就業規則の案が出されました。
今までルールがなかった古川エリアに、ルールを作っていくための一歩となる画期的な闘争になります!
さらに、これまで就業規則は会社が一方的に作るものだったので、労働者に不利な規則を設定する会社が非常に多いのが実態です。
また、労働組合と協議したとしても、その組合が御用組合で資本と結託しているところがほとんどです。
労評は既存の労働組合とは違い、真に労働者の権利を守るために日々闘います!

 

無秩序な労働環境の改善には労働者の団結が必要です。
団結して新しい職場環境を共につくっていきましょう!

 


連絡先
日本労働評議会神奈川県本部
担当:佐藤(090-2607-1152)

 

日本労働評議会(労評)本部

TEL:03-3371-0589 FAX:03-6908-9194

メールはこちらから

【労評QB分会】第2回団体交渉報告「解雇撤回を勝ち取る!」

2021-02-12



 

(QBハウス LIVINよこすか店)

 

第2回団交で解雇撤回と事業継続を勝ち取りました!

1回目の交渉で出された不可解な解雇理由は、弁護士の文書として正式に出されたものでした。

(関連記事:『【労評QB分会】「QBハウス」不当解雇撤回闘争 第1回団体交渉報告』

しかしその内容を本社に問い合わせたところ、その文書の内容の裏付けとなる証拠がないことが明らかとなりました。

今回の団体交渉では、解雇撤回・事業継続を勝ち取るため、本社の回答と食い違いがあることを徹底して追及しました。

それについて古川マネージャーは渋々という面持ちで「店が継続なら雇用も継続になります」と発言しました。

 

安易に解雇を宣告したことを全く反省しない古川マネージャーの姿勢は許されない!

労働者の生活と命が脅かされる事態は回避でき、一面勝利になったといえます。

しかし、肝心の古川マネージャーは「解雇」を宣告したことに全く反省していないどころか、弁護士も加担する形で「謝罪はしない」とはっきり明言しました。

つまり、労使関係は全く改善していないのです!

弁護士は古川マネージャーの発言を基に、事実確認を一切とらず弁護士文書として解雇のお知らせを労評へ送ってきたのです。

これは弁護士として解雇に関する調査義務を果たさずに一方的に解雇を押し付けてきたわけですから、重大な問題です。

さらに、団体交渉での弁護士の発言として「私がなんで調査をするんですか」とまで発言し、弁護士としての業務を遂行する姿勢すらうかがわれませんでした。

こんな裏付けも何もない雑なやり方で労働者を首切りしようとしたのが古川マネージャーなのです。

 

2月15日に第3回団体交渉が開かれます!

こんな無責任な姿勢の経営者に労働者は怒り心頭です。

組合員のなかには、学生のお子さんを育てながら一生懸命労働に励む人がいるのです。

懸命にお客様に対し、ヘアカットサービスを提供し、売上が低迷する状況でも屈することなく、どうすれば売上が上がるかを考えているような労働者の首を切る行為など言語道断です!

次回の団交では資本の姿勢について徹底して追及する方針です。

また、他のマネージャーエリアでも似たような問題が起きていると聞きます。

労評として、いつでも相談を受け付けておりますので、一緒に闘いましょう!

 

連絡先
日本労働評議会神奈川県本部
担当:佐藤(090-2607-1152)

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194