【労評QB分会】「QBハウス」不当解雇撤回闘争 第1回団体交渉報告

2021-01-28


 

(QBハウスLIVINよこすか店がある商業施設)

1回目の交渉で出された不可解な解雇理由

組合の公然化後(公然化の記事:『”10分カット”「QBハウス」で分会を結成!11日に団体交渉』)、突如組合員の解雇を言い渡してきたQBHOUSEフランチャイズオーナーの古川マネージャーは、1月11日に行なわれた団体交渉で、LIVINよこすか店の組合員を下記の理由で本社から店舗を取り上げられるので整理解雇すると言いました。

 

①コロナ感染防止用のフェイスシールドをつけていなかったこと

②店舗内に無断でQBのロゴを使用したご案内文を書いたこと

 

しかし、この理由は事実に反し、まったく不可解な回答です。

①については、団交以前から本社と組合員との間で別の形状のフェイスシールドをつける話がついており、②は顧客を長時間待たせないよう工夫したご案内の内容だったが、古川マネージャーに事前に確認をとっても長らく対応しなかった為、やむを得ず行ったことなのです。

 

本社からの回答で古川マネージャーの “嘘” が暴かれる!

団交後、労評は古川マネージャーのいっていた内容の事実確認のために本社に質問状を送りました。

すると、本社はすべてに質問項目に対し「指導した事実はありますが、それを理由として、当社から当該店舗運営業務終了を告げたという事実はありません」と回答し、さらに「そもそも、店舗運営業務終了の打診は古川マネージャーからなされたものであり、当社から終了の打診を行ったという事実はありません」という回答内容でした。

つまり、古川マネージャーは組合潰しを意図的に行ったという事実が明らかとなりました。これは明確な不当労働行為に該当し、労評としてこのような資本の悪辣な対応を許すわけにはいきません!

 

29日に第2回団交が行われます!

1月29日には第2回の団体交渉が行われますので、解雇の撤回とLIVINよこすか店での雇用継続を求め、徹底して追及する構えです。

また、本社の回答に対してどう答えてくるのか、古川マネージャーが誠実な対応を見せるのか、強硬手段を突き通すのか。資本の組合に対する姿勢が暴かれる非常に重要な団交となりますので、目が離せない闘争となります。

私たち労評QB分会は、単に自分たちの経済要求のために解雇撤回の闘争をしているわけではありません。

労働者として社会的労働に対する誇りをもって、質の高いサービスを顧客に提供し、より良い「QBハウス」を作っていこうと思っています。

そのためには、資本と労働者がお互いを尊重し、労使協調のもとで発展させていかなければならないと考えています。

第2回団交の報告は追ってお知らせします。

連絡先
日本労働評議会神奈川県本部
担当:佐藤(090-2607-1152)

Copyright© 2013 日本労働評議会 All Rights Reserved.

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-3-404
電話:03-3371-0589(代表)FAX:03-6908-9194